カカオマスとシュガーに捧げる日々

チョコレート・スイーツ実食&紹介ブログ

【でん六 ロカボナッツチョコ】健康と美容に良いおやつ実食レビュー!ザクッと香ばしくてビタースゥィートだった!

お菓子のメーカー「でん六」のナッツチョコです。

スーパーやコンビニでよく見かけるメーカーで、山形県に本社を置く創業が大正13年の老舗店。

値段も手ごろで、スーパーではよくピーナッツチョコを買ってます。

そんな庶民の味方のでん六が、ついにヘルシー系チョコのジャンルまで手を伸ばしてきたということですな。

そう、その名は「ロカボ」。

【ロカボとは】

・極端な糖質制限ではなく、おいしく楽しく適正糖質を取ることを推奨するものです

・一日の糖質量:70~130g以内

袋の裏面に記載されていたロカボについての説明です。

糖質の量をコントロールすることが眼目のようですね。

これにナッツが加わるということは、美容と健康、ダイエットに良いお菓子になりそうだ!

では早速、見た目と実食にいってみましょう!

スポンサーリンク

「ロカボナッツチョコ」見た目タイム

まずは外見をば。

驚いたのは、このロカボナッツはノンシュガーということ。

チョコが入っているのにノンシュガーとは、ちょっと想像がつかないですね。

原料は「ノンシュガーチョコ(還元麦芽糖水飴、カカオマス、ココアバター、植物油脂、乳脂肪)、アーモンド、くるみ、ピーナッツ」

おおお。確かにノンシュガーだ。

そしてナッツは3種類。

中身を開封。

小袋に入ってます。けっこう多いですね。

さらに中身を拝見。

出てきました。

ロカボにまみれたナッツ&チョコたちです。

香りは濃いめの感じですね。

ナッツをそのままチョココーティングしているので、形もそれぞれのナッツ風です。

ではいよいよ味わいにいってみましょう。

スポンサーリンク

「ロカボナッツチョコ」実食タイム

味わいタイムです。

ピーナッツ3つ、アーモンド2つ、くるみ5つという配合です。

一粒割ってみましょうかね。

ピーナッツ風の中身です。

他のナッツチョコはどんな感じでしょうか?

くるみは麦チョコみたいな見た目ですね。

少し丸みのあるのがピーナッツ。

まずピーナッツチョコを食べてみると、そんなに固くない食感です。

パリッとした噛み心地ですかね。

外側のチョコシェルのパリッと感が目立ちます。

ピーナッツそのもの味わいは軽めで癖がありません。

次のアーモンドは、シナっとした外側のチョコの食感がします。

続いてカリッとした噛み心地のアーモンド本体。

アーモンドそのものはかなりしっかりした食感ですね。

外側のチョコのビタースゥィートな風味と、アーモンドの香ばしい味わいのコラボがかなり美味しいです。

最後にくるみです。

これは「しなっ」とした柔らかめのチョコシェルの食感がします。

ビターというよりも、甘みのあるチョコの味わいと、くるみの柔らかい食感の組み合わせが口に気持ち良いです。

全体的な食感を並べてみると、

ピーナッツ⇒ザクッ

アーモンド⇔カリッ

くるみ⇔しなっ

な感じ。

栄養分は

ピーナッツビタミンE、オレイン酸(アンチエイジング、悪玉コレステロール予防)

アーモンドビタミンE、ビタミンB群、オレイン酸(アンチエイジング、疲労回復)

くるみビタミンE、タンパク質、カリウム、食物繊維(アンチエイジング、体力アップ)

という感じです。

チョコは濃いめで甘みのある味わいなので、香ばしさと一緒に食べるといい感じですね。

まとめ

軽めの食感でお腹に重たくなく、チョコも甘さと濃さがバランスよく味わえるので、食べていて飽きがこないのが良いです。

一袋の量が少なめなのが、ちょっと不満ですが、普通の「間食」ではなくて「ロカボ」を目的にするなら、ちょうどこれくらいがベストなんでしょうね。

美味しいチョコやスイーツを食べ過ぎて体重が気になったり、脂肪がほんのりついてきて「ああーっ!」という方にヘルシーなロカボおやつは如何でしょう?

【低糖質 ロカボクッキー】アーモンドたっぷりのザクザク感が最高にリッチ!

続きを見る

からだと美容に良いチョコレート・ベスト5ランキング!

続きを見る

-ナッツチョコ, ヘルシーチョコ, 日本

Copyright© チョコレート・スイーツ実食&紹介ブログ , 2020 All Rights Reserved.