カカオマスに捧げる日々

チョコレート実食&紹介ブログ

【ガトーフェスタハラダ グーテ・デ・ロワ】ザクザク食感とイースト菌の香りがたまらない!最強のスイートラスクを紹介

2019年2月23日

ガトーフェスタハラダのラスクの実食レビューです。

ハラダのラスクといえば、我が家でも馴染のあるお菓子の一つでした。

高校の頃に、母親の友達が家に訊ねてきたときに、このラスクを手土産にもってきてくれた思い出があります。

あのとき皆で食べたラスクの香りと食感の良き思い出が、今でも私の中で深く残っていますね。

今回はそんな懐かしきラスクを紹介しようと思います。


意外に古かったガトーフェスタ・ハラダの歴史

とはいっても、メーカーのことについてはほとんど知らなかったため、今回改めてその歴史などをネットで調べてみることにしました。

1901年、現在同社の中山道店が位置する高崎市近郊の多野郡新町(当時。現・高崎市新町)で、和菓子店「松雪堂」として原田丑太朗が創業。

1942年に法人化、1952年に「有限会社原田本店」と改称し、2003年には株式会社に改組・現社名となった。

太平洋戦争終戦後の食糧統制下にあった1946年にパン製造を開始、更に洋菓子製造にも参入したものの、学校給食向けパン需要をメインとした地場メーカーとしての雌伏期が長かった。

自社製品であるパンをさらに菓子として加工したラスクを以前から販売していたが、好評であったことからこれを「グーテ・デ・ロワ」のブランドで2000年から発売。

この製品のヒットで洋菓子メーカーとして急成長し、全国展開にまで至った。

新本館のシャトー・デュ・ボヌール(幸福の館)は、2004年春に開店。外観はギリシャ建築風の列柱が立ち並んでいる。洋菓子全般の製造および販売を行っている。

ガトーフェスタ・ハラダ - Wikipedia

1901年から始まっていたんですね。

最初は学校の給食パンがメイン販売物だったというところが、後のラスク誕生の鍵になったというところもなかなか面白いです。

2000年に現在の形になったということなので、私が高校生のとき(1990年代)に食べたラスクは以前のものということになるのでしょう。

2004年にはラスク御殿というべき新本館が建ったということで、これは何気に行きたいところ。

f:id:chocomale:20190223142628j:image

GATEAU FESTA HARADA(ガトーフェスタ ハラダ)より

ではそろそろ!

期待のお菓子を食べていくことにしましょうか!

グーテ・デ・ロワ外観&実食レビュー

ガトー・フェスタ・ハラダの目玉商品といえば「グーテ・デ・ロワ」です。

今回はそれに加えてホワイトチョコでコーティングしたタイプも購入しました。

f:id:chocomale:20190223135326j:image

ではそれぞれの味わいを見ていくことにしましょう。

グーテ・デ・ロワ編

まずはシンプルなバージョンから。

f:id:chocomale:20190223135312j:image

原材料も小麦粉、バター、砂糖、イースト、食塩などシンプル・イズ・ベスト。

f:id:chocomale:20190223135307j:image

では一枚を取り出して食べてみましょう。

f:id:chocomale:20190223135737j:image

中身を拝見。

f:id:chocomale:20190223140203j:image


f:id:chocomale:20190223140159j:image


f:id:chocomale:20190223135951j:image

上質のバターと砂糖が混じったマイルドな香りがします。

では一噛み。

f:id:chocomale:20190223140155j:image

ザクッとした小気味よい歯触りに、ザクザク続く少しだけ固めの食感。

砂糖そのものの甘さと、ラスク本体の香ばしさが入り交じって、さっぱりした美味しさになっています。

イースト菌がもたらす香ばしい匂いがたまりませんね。

さらにこれをコーヒーにつけて食べると、

f:id:chocomale:20190223140150j:image

f:id:chocomale:20190223140252j:image

f:id:chocomale:20190223140248j:image

コーヒーの苦味がしみてちょうどよい美味しさになりました^^

グーテ・デ・ロワ・ホワイトチョコレート編

次はホワイトチョコでコーティングしたバージョンです。

f:id:chocomale:20190223135321j:image

原材料も、先ほどのラスクにホワイトチョコが加えられただけのシンプルな感じです。

f:id:chocomale:20190223135317j:image

では一枚取り出してみましょう。

f:id:chocomale:20190223135555j:image

お洒落なパッケージです。

中身のほうは?

f:id:chocomale:20190223135809j:image

f:id:chocomale:20190223135757j:image

f:id:chocomale:20190223144220j:image

いい感じですね~

まるで雪の国から来たスノークリーミーのようです(そのままやがな!)

香りはミルキーなホワイトチョコレートのフレーバーそのもので、これがまた涎を誘います。

一噛みすると、

f:id:chocomale:20190223135743j:image

表面の厚みのある、滑らかなホワイトチョコレートの食感と、底のむき出しのラスクのザクザク感の合わせ技が恐ろしく美味。

脳幹に響く感じが最高です。

ホワイトチョコレートのほうが歯触りの表面積が大きく、味わいはかなりミルキーで甘めですね。

いかにもフランスの女性的なミルキーで優しい甘みで、口の中でとろけるようなホワイトチョコレートのリッチな風味が広がっていきます。

合わせてラスクの香ばしさが最高に心地よいですね。

ラスク本体のザクザク食感もミルキッシュな甘さと合わせて食感本能にしわりと響いて、まるでマルセイユの港で船を見ながら、ポカポカ太陽のもとでカフェを楽しんでいる気分になれました^^

まとめ

f:id:chocomale:20190223135604j:image

どちらかといえばスイーツというよりも、菓子パンに近い味わいだったグーテ・デ・ロワ。

パンとバター、食塩のみのシンプルな構成で、余分な甘さ素材が入ってないから、あっさりと美味しく食べられます。

もう一つのホワイトチョコのほうは、コーティングチョコの味わいが勝っている感じがしました。

ただミルキーで優しい甘さなので、それほどくどさは感じず食べやすいです。

何より食感がどちらも良いですね。

前者は紅茶、後者はその甘さからブラックコーヒーが似合います。

歯ごたえとシンプルな甘さ、香ばしさが非常に美味なラスクなので、パン好きの方なら間違いなく好きになれると思います。

フランスパン由来のラスクの奥深さと歯ごたえを感じるなら、グーテ・デ・ロワをどうぞ!^^

【ホワイトデーランキング 2020】バレンタインのお返し・自分用にスイーツ・チョコおすすめ10選

3月14日は、バレンタインチョコのお礼に男性から女性にお返しをする日といわれています。 恋人やご夫婦はもちろん、日頃からお世話になっている方や、職場や学校で仲良くしている人へ「感謝」の気持ちを込めたプ ...

続きを見る

スポンサーリンク




-ガトーフェスタハラダ, ラスク

Copyright© チョコレート実食&紹介ブログ , 2019 All Rights Reserved.