ケーキ

田口食品の贅沢チョコレートケーキ実食レビュー【ケーキの取り出し方も紹介】

2024年1月28日

田口食品の「贅沢チョコレートケーキ」の紹介です。

テレビ朝日の人気番組「探偵ナイトスクープ」で、同メーカーの「贅沢苺ショートケーキ」が取り上げられていたので興味をもち、職場近くのスーパーで購入しました。

番組で取り上げられていたストロベリーのケーキももちろんありましたが、チョコ好きの自分はチョコケーキ一択でございます

ケースに入ったケーキはボリュームがあって「これは美味しそうだな」と生唾ゴクリ。

実際に食べてみると、かなり美味しかったということで「これはリピート&レビュー決定」したということでして^^;

今回は実食レビューはもちろん、なぜそのケーキがテレビで取り上げられたかということと、ケーキの取り出し方も併せて紹介していこうと思いますよ(先にテレビ番組の内容を取り上げますね)

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります


[Ads]

探偵ナイトスクープで取り上げられた「キレイなケーキの取り出し方」について

「探偵ナイトスクープ」はテレビ朝日の番組で、毎週金曜日の夜11時17分から60分ほど放映されています。

放映開始が1988年3月にスタートし、足かけ36年も続いている人気番組です。

探偵ナイトスクープ公式サイト

私も学生時代から見続けている長寿番組の一つで、今でもその面白さは昔と引けを取りません。

番組内容は、毎週、視聴者から送られてくる依頼内容を芸人さんの探偵が現地に赴き、依頼者と一緒に解決するというもの(たまに探偵だけの時もある)

番組は探偵局という体なので、局長と探偵、秘書が進行していきます。

探偵はほとんどが芸人さんで、秘書は初代は岡部まりさん、以降は女子アナウンサーの方が担当、局長は初代が上岡龍太郎さん(故人)、2代目が西田敏行さん、3代目が松本人志さんという構成です。

松本人志さんは2019年に就任して以来、現在の局長職にあったわけですが、例の問題のせいもあってか、今回のケーキの依頼の放送日(2023年1月26日)を最後に、一旦休業することになっています。

まあそんなセンセーショナルな話題も込みで、今回の放送日は何気に気になっていました。

視聴者から送られてくる依頼内容は「日常のくだらないこと」から「人生の大きな悩み」に至るまで幅広いのですが、今回取り上げるケーキの依頼は「くだらない」ほうに入ります^^;

その名も「ケースに入ったケーキをキレイに取り出したい」

くだらないですよね^^;

依頼された女性はこのケーキが美味しくてすごく好きなんですが、唯一気に食わないのが「ケースからケーキを取り出す時に、必ずケーキがケースにへばりついて、けっこうな量のケーキがこそげてしまう」ということでした。

なので家では「ムカつくケーキ」と呼んでいるらしいのですが、「どうしてもキレイに取り出したい!」という思いを抑えきれずに、番組に依頼したそうです。

そこで「せいや探偵」を呼んで、一緒に「キレイな取り出し方」にトライすることに。

探偵はもちろん、手先が器用ということで、ミスターマリックを呼んで取り出してもらうのですが、一向にキレイに取れず・・・

そこで最終的にはメーカーの開発担当の社員さんを呼んで、正しい開け方を教えてもらったという流れになりました。

すると簡単にキレイに取りだせたという結果に!

観ていて「えっ、そんな方法で簡単に取り出せるの?」という方法で、ちょっと驚きました。

それにすごく興味をもって、自分も試してみたい、何よりも「すごく美味しいケーキ」という響きに参ってしまって(甘党ですので)、早速スーパーで探して購入したという次第。

テレビ番組で取り上げられていた通りに「キレイに取れるかどうか」を試してみましたし、味わいもたっぷり堪能させて頂きましたよ。

ということで、次からはその詳細を撮影写真とともに紹介していきましょう!

田口食品「贅沢チョコレートケーキ」の取り出し方法&実食レビュー

番組では「贅沢苺ショートケーキ」でしたが、私はチョコレ―トケーキを買ったので、そのバージョンで行きます。

包装フィルムには底面に原料名とメーカー名、サイドにケーキのスイーツ構成と取り出し方が掲載されています。

原料名とメーカー名

ケーキのスイーツ構成

ケーキの取り出し方

ではここからケーキの正しい取り出し方を順番に紹介していきますね。

ケーキの正しい取り出し方

①中のフィルムを取り出すために、蓋を少し開ける

②フィルムを確認する

③フィルムを左右に開く

④底面を皿(またはケース)に載せる

⑤蓋面のシールをはがす(空気入れ)

指でケースを両サイドから軽く抑えながら、フィルムを左右に引っ張る

⑦取り出し完了

以上が取り出し方です。

最大のポイントはケースを両サイドから軽く抑えるところ。

依頼者さんはフィルムだけを引っ張りながら挙げていったので、ケースとケーキが内部でくっついてしまったのでしょうね。

私は一発でキレイに取り出すことができました^^

ということで、ここまでが開け方の実証実験。

次はいよいろケーキを味見といきますよ!

「贅沢チョコケーキ」実食レポート

威風堂々たる御姿です。

45度の角度から見ても神々しいですね・・・

みっちり・むっちり・ふんわりの三段階認証という感じでございます。

香りはもちろんチョコレートケーキ。

では一口をば!

チョコソースwith生クリームです。

食べる時はチョコだけを口に入れました。

これが実に「濃い」味わい。

濃厚ビターというべきで、ハイカカオ好きの自分にはかなりいい感じのコク深さ。

生クリームとの相性がどう出るかは、ここからのお楽しみですね。

次にふんわりした生クリームを。

「しっとり」としてますね。

甘すぎず、優しみのある味わい。

口どけ感もありますが、ほどよく残るので「はかない悲しさ」は感じずに済みます。

表面のチョコクリームと合わせて食べてみると、よりチョコのダークさとクリームのしっとり感が口の中でよく馴染んで、最高にデリシャスな食べ心地を提供してくれました。

続けてチョコクリームとココアスポンジです。

チョコクリームはソースと違って「マイルド」な味わいです。

生クリームと同じでしっとりした口当たりで、濃すぎず、甘すぎない「絶妙」な味わい。

ココアスポンジもほんのりと「しっとり」していて、パサつき加減が少ないのが嬉しいところ。

スポンジがパサパサしていると、他の良さが半減しますからね。

全体的にべとべとせずに「あっさり」した味わい。

甘すぎないのが、口にしつこくなく、お腹にもたれないのがスイーツ好きには嬉しいです。

最後はもちろんフィルムとケースの「こそげ喰い」でフィナーレでございます^^

感想まとめと田口食品について

濃厚チョコソース、しっとりクリーム&スポンジの味わいが美味しかった「贅沢チョコレートケーキ」でした。

甘さも控えめですし、何よりも口の中で「べとつかない」スムーズな食感が心地よかったです。

まさに探偵ナイトスクープで依頼された女性の「このケーキは美味しいんです」という評価が「正解だな」感じた瞬間でしたね。

そんな美味しいケースケーキを作った田口食品さんは兵庫県相生市のメーカーさんということ。

オランジェ(田口食品ホームページ)

自社で製造したスイーツを大手スーパーやコンビニに卸しているようですよ。

そんなメーカーさんの公式サイトでも、今回の番組の紹介がされていました。

朝日放送テレビの人気番組”探偵ナイトスクープ"で当社の「贅沢苺ショートケーキ」が紹介されます!(PDF形式)

そんな田口食品さんに一つだけリクエストがあります。

実は今回のレビューで一つ失敗がありまして。

フィルムを左右に引っ張る際に、片方のフィルムが半分ほどちぎれてしまったんですよね。。。。

フィルムの流れには余裕があったので、残りの部分を引っ張ることで上手くいったのですが、これがもっと長めにちぎれていたら、多分フィルムを持つ場所はなかったのではないかと・・・

なので、大変厚かましいお願いなのですが、次回以降に購入した時に失敗が内容、できればもう少し破れにくい素材に代えてもらうと大変嬉しいかなと思っております。

そうなると材料費がかさむでしょうから、価格も上がるので消費者にとっては痛しかゆしなんですけどね^^;

できれば価格は据え置きで、可能であればその方向でお願いできればと願っております候。

なお、田口食品さんがこのケースの入れ方をしているのは、輸送流にトラック内でケーキが型崩れを起こしてしまわないための工夫だそうです。

昨年末に某百貨店のクリスマスケーキが大量に型崩れを起こして問題になっていましたからね。

その意味でもこの入れ物&取り出し方は「優れもの」なのだと思いますね。

ということで、今回はテレビ番組で取り上げられたケーキの紹介と取り出し方レビューでした。

皆さんもお近くのスーパーやコンビニでこのケーキを見つけたときは、すごく美味しいのでぜひ買って試してみてくださいね!

[Ads]

-ケーキ

error: Content is protected !!

Copyright© 甘党メンズのチョコ・スイーツブログ , 2024 All Rights Reserved.