カカオマスで心身ともに癒されましょう

チョコレート実食ブログ

スイーツ・食べもの プリン・ケーキ

【ルタオ ドゥーブルフロマージュ】優しい風味のチーズケーキ実食!甘さ控えめ&滑らかさが抜群だった!

更新日:

北海道小樽の洋菓子ショップ「ルタオ」の目玉スイーツの紹介です。

前回、前々回は連続して「ナイアガラショコラブラン」「ロイヤルモンターニュ」を実食してその優しい美味しさに「いいわあ」と目を細めましたが、今回も同じく!

タイトル通りに優しい味わいを堪能することができました。

まさに「ルタオ=優しさ」の公式が出来上がった瞬間。

ではいきましょうか、そんなテンダーな世界へと。

優しさに満ち満ちた平和と愛の象徴をその目と舌で確かめに!

いざ!!!!!

 

ルタオ「ドゥーブルフロマージュ」外観レビュー

 

まずはいつもの見た目からのレビューです。

ネット注文して到着したてのほやほやの状態です。

 

 

伝票等は個人情報になるので外してあります、あしからず・・

そして開封。

 

 

 

おお!

 

 

フローマージュ降臨です。

 

 

サイズは手よりも少し大きめです。

 

 

箱はまるで樽のような作りになっていますね。

 

 

同封のミニパンフです。

 

 

そしてさらに開封です。

 

 

でてきましたね、フローマージュのご本尊が。

ハンバーガーよりも少し大きめのハンディ感が何気に親しみを湧かせてくれます。

 

 

持ってみると、これが案外重いですね。

質感が半端ないというか、みっちりとした手触り感があります。

いったいどんな中身が詰まっているのというのだろう・・・

 

おお!

 

おおお!

 

厚みもありますがな!

 

これは期待できます。

かなりの手練れです。

この質感とみっちり感は只ものではありせん。

このままいけば私は・・私は・・・(実食パートに移ります)

 

ルタオ「ドゥーブルフローマージュ」実食レビュー

 

およよと泣き崩れそうになった直前レビューから一転して「さあ今からガッツ喰らうぞ!ふんっ!ふんっ!」と鼻息荒くして再登場です。

ではご本尊も再び出現して頂きましょう。

 

 

ふーむ、何度見てもいい色と表面のごわつき具合だ・・・

 

 

まるでクリーム色の雪が舞い降りたようですな。

 

 

鼻を近づけると、香りはそれほど濃厚ではなく、あっさりとした匂いがふんわりとした「チーズケーキという感じ」のフレーバー。

このままガブリと食べても良いのですが、さすがに一口では食べきれそうにないので、ケーキナイフでカットしましょう。

 

 

むっ!

 

 

冷凍で配送されてきたからでしょうか、意外に硬めの切り具合です。

中のチーズが固まってるという感じでしょうか?

サクッと簡単にいけると想像していただけに、切りにくいこと夥しいじゃないかフローマージュ!と少し焦ってしまった瞬間。

 

 

このままこのケーキを切り切れずにナイフを半分に入れたまま残りのチーズケーキ人生を無為に過ごすことになるのか・・ と唖然としていたところ、ようやくカット終了できました。

 

 

こいつは密度たっぷりだ! 嬉しい誤算だぜ!ヒャッホー!!と喜び勇みながら、そのまま一切れを口にくわえながら小皿に移動。(”口にくわえる”のくだりは冗談です)

 

 

どうです?

いい色と「みっちり」具合でしょう?

それではしばしフローマージュの美しさと力強さを連続写真でご覧いただきましょう。

 

 

 

 

美味しそうですね~

あたかも雪の化身のようなクリーム色の美しきスイーツたちよ。

ではその味わいをこの口で堪能しましょうぞ!

 

 

一口食べると、柔らかなチーズクリームの風味がふわっと広がり、優しく口の中で溶けていくきます。

甘すぎず、くどさもなく、優しい美味しさが柔らかく広がっていく心地よい感覚。

 

 

 

チーズクリームの味わいも丸みがあって、わずかに酸味を感じますが、ケーキとしての甘さも控えめですがしっかりとその味覚の背景で味わえます。

 

 

外側のパラパラしたチーズコーティングのサワサワ感も、食べ始めのときは気にならなかったのですが、口に入れてクリームが溶け始めた辺りで、急激にその存在感を露にして「サワサワ~」っと優しく歯や舌を撫でていく風のさりげなさが絶妙に気持ちいい。

 

 

重さ・密度・質感は想像以上にたっぷり、甘さ・口どけ感は見た目通りに優しくで控えめで、食べた後の満足度は大量にスイーツを食べた後に感じる「食った食ったー!」的な肉体労働終了後の達成感というよりも、上質なものを美味しく食べた幸福感を強く感じます。

 

 

あっさりしていて甘さも控えめでありながら、意外にお腹がふくれる何気ないボリューム感もたまらなく、女性なら「かなり満足」、がっつり食いたい私のような男性スイーターでも普通に納得できる質感と密度が嬉しい逸品。

まさに雪の国からの美味しい贈り物スイーツでした!

 

 

北海道の小樽で有名なスイートショップ《LeTAO》

 

まとめ

 

 

たっぷり写真を使ったフローマージュのレビュー、如何だったでしょうか?

食べ心地や質感などはレビューに書いた通りで、味わいも上品でさっぱりしているので、贈り物やお客様に出すスイーツとしても最適だと思います。

唯一欠点があるとすれば、外側のチーズ風コーティングが結構パサついて、皿に移すときにパラパラこぼれるところですかね。

 

 

しかも基本はチーズなので、拭き取ろうとしたら、さらりと拭えずに「べちゃっ」とテーブルにくっついてしまうので、濡れた布巾やウェットティッシュで取らないと後が結構大変です^^;

 

 

 

さらにレビューでは解凍して食べるのを完全に忘れていました。

配達員さんから受け取ってすぐに開封⇒実食タイムに入ったので、ナイフ入れが予想以上に固かったのはそのためです。

何より食べたときに半解凍の状態のチーズクリームがジャリッと歯に当たったりして、結構シャーベット感が強かったこと(笑)

それでも撮影を進めていた後半はちゃんと溶けて、滑らかな口当たりに変化していったので普通に美味しかったですが・・・

 

 

ただ昨日から寒さが厳しくなってきたので、その影響で室温も低めでのフローズンクリームを食べた後は少し寒かったですね^^;

とはいえミニパンフでは半解凍でも美味しく食べられると書いていましたし、味わいにも全く問題はなかったので、これは単純に部屋の室温をもう少し上げる必要があったというだけの話かもしれません。

だいたいフロマージュの本場である北海道ではこんな寒さくらい普通なのだから、半解凍どんとこいですよ! 夏に食べたらもっとうまそうだ!

ということで、リアルに美味しかったドゥーブルフローマージュの外観&実食レビュー。

ルタオの洋菓子は「優しさとしとやかさ」で構成されているということを改めて認識できた美味しい味わいタイムでした。

皆様もぜひとも一度お試しください。

ルタオに幸あれ!

www.chocoreview.com

-スイーツ・食べもの, プリン・ケーキ

Copyright© チョコレート実食ブログ , 2019 All Rights Reserved.