チョコ・スイーツの実食レビュー&関連情報

チョコゴリラの甘党応援ブログ

プリン・パフェ 神戸フランツ

【神戸フランツ】ビターで甘酸っぱい「魔法の壺プリン」ショコラ実食!

神戸フランツ「魔法と壺プリン」第2弾実食レビューです。

前回は生クリームプリンでしたが、今回購入したのは「ショコラ」タイプ。

チョコレートブログを名乗っている以上は、やはりカカオマスのプリンは攻めるべきでしょう。

ということで、シックなチョコのショコラプリンの実食タイムです!

スポンサーリンク

神戸フランツ「魔法の壺プリン ショコラ」レビュー

主要材料は「牛乳、クリーム、砂糖、カカオマス、植物油脂、卵、ココアバター、木苺、苺、脱脂粉乳、洋酒、粉飴、寒天、カカオニブ、タピオカ、レモン果汁、ゼラチン、トレハロース」となっています。

中でも赤字で示したように「キイチゴ」「イチゴ」「タピオカ」が入っているということ。

これはフルーティーでプチプチ感のある食感が期待できますね。

壺もしっかり粘土を焼き上げた本格っぽい造りなのが魅力。(素焼きらしいです)

チョコです。

表面にカカオニブが載っています。

香りはもちろん「生チョコwithビター」。

まずは一すくいと行きましょうか。

イイ感じです。

柔らかすぎず、もっちりし過ぎずの適度なスプーン入れ感。

表層はチョコレートガナッシュになっていて、二層目はふんわりとしたショコラクリームが入っています。

その次は甘酸っぱいフランボワーズ(野イチゴ)ピューレとなっていて、鮮やかな苺のディープレッドが見えます。

フランボワーズピューレを一すくいした段階で食べてみました。

まずはビター風味のチョコムースとベリーの爽やかさが印象的です。

食べてから口の中に残る香りがたまらなく上品で心地よく、洋酒やチョコ、ラズベリー(フランボワーズはフランス語)の素材の組み合わせが重層的に広がった結果なのでしょう。

ムースそのものの生チョコ感、ふんわり感、ビター感も美味しくて、質の良いコーヒー牛乳をふんわりと頂いている気分になれます。

後味はすごくすっきりしていて、すごく涼しい気分になれました。

すっきり軽い食感ながら、ビターと苺の甘酸っぱさの香り高さが気分を晴れ晴れとさせてくれて、大人の口に合う上質な美味しさといえるのではないでしょうか?

ちなみに食べ終わった後の壺も「小物入れ」に仕えるので便利。

見た目もきれいなので、オブジェにも良いかもしれませんね!

まとめ

爽やかでフルーティー、それを下支えするビターな味わいがチョコ好きの気分をがっしり掴んでくれた「魔法の壺 ショコラ」。

夏の暑い時期の涼しさを味わえますし、冬場はチョコのビター感が熱いコーヒーや紅茶にすごく良く合うと予感させられる美味しさでした。

シンプルながら奥深い味のプリンシリーズ。

全種類を試さないと、神戸フランツを全部味わったとはいえないかもしれませんね。

これからも順番に実食していきたいと思いますよ!

公式サイト↓

神戸の異国浪漫スイーツを貴方にお届け【神戸フランツ】

神戸フランツおすすめ実食ランキング【9選】

続きを見る

スポンサーリンク

Copyright© チョコゴリラの甘党応援ブログ , 2023 All Rights Reserved.