カカオマスに捧げる日々

チョコレート実食&紹介ブログ

【ハイカカオチョコレート 実食ランキング】ポリフェノールたっぷりのおすすめベスト8!

2019年10月16日

ハイカカオチョコレートのランキング特集です。

ポリフェノールを豊富に含んだチョコレートは、カカオ含有量が70%を越えると「ハイカカオチョコレート」と呼ばれるようになります。

カカオの%が多くなればなるほど、砂糖の量も減っていき、その分カカオそのものの風味を味わうことができるようになるのです。

またチョコレートの原料となるカカオマスには「ポリフェノール」「プロテイン」が含まれていて、それぞれ「血管の健康維持」「アレルギーの改善」「脳の活性化」「美容効果」「便通改善」の効果が確認されています(【5分で分かるカカオポリフェノール/カカオプロテイン】みんなの健康チョコライフ/明治より)

まさに健康と美のスイーツというやつですね。

ではそんなハイカカオチョコの中から、これまで私が食べてきたものをランキング形式で紹介していきましょう。


ハイカカオチョコ 実食おすすめランキング

等級(カカオ含有量)別にそれぞれのチョコを取り上げます。

上から順番に99~90%、88~80%、72~70%となっています。

1位:リンツ エクセレンス99%

スイスの老舗ブランドリンツのブランドです。

カカオの含有量が99%という高さにも関わらず「マイルド」な味わいが最大の特徴。

苦みはもちろんありますが、少ない甘みと同じくかなり控えめで、酸味を抑えた食べやすさがあります。

噛むにつれもっちりした口当たりに変化していく独特の食感も、美味しいと感じさせる原因かもしれません。

リンツ エクセレンス99%の実食レビューはコチラ

 

2位:明治チョコレート効果 カカオ95%

菓子の国内メジャーメーカーのグリコが贈る「最強レベルのカカオマス度数」チョコレートです。

とにかくその濃度に忠実な「苦み」が最大の特徴。

強力な「カカオマス・フォワード」を前面に押したてて突進してくるカカオラグビーの勢いは世界トップの「オールブラックス*」のチームカラーを味覚で感じてしまうほど。(注:ニュージーランドのラグビーナショナルチーム)

リンツのエクセレンスと異なる容赦のない「苦み」「酸味」攻撃は、カカオの凶暴さとその健康効果を期待させるに十分な威力をもっていると思います。

まさに「薬」レベルの味わいです。

明治チョコレート効果95%の実食レビューはコチラ

 

3位:森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ88

菓子の国内メジャーメーカー、森永製菓の「一つまみ系」チョコレートシリーズです。

カカオの含有量が88%となっていて、90%台に比べると少し穏やかな味わいになっています。

甘さは控えめでありつつ、苦みとコクもしっかり展開する口当たりは大人の余裕すら感じさせてくれます。

ハイカカオチョコにありがちな素っ気ない苦さはなく、静かでコクのある、うっすらとした上質な甘さが特徴的。

マイルドで食べやすい「大人のチョコレート」の美味しさを感じさせてくれるハイカカオチョコです。

森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ88の実食レビューはコチラ

 

4位:明治チョコレート効果 カカオ86%

最強の95%に続くシリーズ2番目のカカオ濃度を誇るチョコレートです。

86%にふさわしいビターな味わいとカカオのフローラルな風味、ほんのりした甘さが連続して訪れる「上質のカカオタイム」。

食後に残るクリーミーな口当たりも心地よく感じられます。

味、香り、口に残る風味それぞれに「癒される美味しさ」をもっているチョコだと感じました。

濃いめの香ばしさ、磨きをかけた深みのあるカカオテイストが非常に美味です。

明治チョコレート効果 カカオ86%の実食レビューはコチラ

 

5位:リンツ エクセレンス 85%

スイスの老舗ブランドが贈る「ハイカカオ」史上2番目の濃さを誇るチョコレートです。

エクセレンスシリーズは口当たりの良さに定評があるのですが、この85%もそれに漏れず、「酸味とほろ苦さ」のバランスが非常に良くとれた「大人のチョコ」の美味しさを感じることができます。

さらに「カリッ」と音を立てて割れる噛み感が、チョコそのものの味わいの良さをさらに引き立てる旨み効果があり。

味わいだけでなく、官能に響く食感の良さがこのチョコの真骨頂だと私は感じましたが、果たして貴方は如何に?

リンツ エクセレンス85%の実食レビューはコチラ

 

6位:明治チョコレート効果 カカオ72%

明治チョコ効果シリーズ元祖バージョンです。

シリーズ中、最もカカオ含有率が低いだけでなく、最も味わいにバランスが取れた「普通のチョコの美味しさ」に最も近いタイプです。

甘さは他のハイカカオよりも強めでありつつ、ビター感、酸味もほどよく感じることができます。

最大の特徴は「フローラルな風味」

華やかなカカオのフレーバーが口の中にフワッと広がると、そこはまさに至極のアロマシアター。

癒されるほどに心地よい香りとバランスのとれた美味しさは、万人受けするハイカカオチョコの代表格だと思いますね。

明治チョコレート効果 カカオ72%はコチラ

 

7位:森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70

「カレ・ド・ショコラ」シリーズのハイカカオチョコ第一弾です。

カカオ含有率が70%台になると、甘さと共に食べやすさもグンと上向きになるのですが、このチョコも口当たりがソフトでマイルド。

カカオマスのビターなパワーを十分に感じつつも、甘さがそこに上手く乗っているためか、あまりくどさを感じません。

後味のないすっきりした味わいも特徴的ですね。

ほんのりビターで甘さも程よくあるさっぱり系の味わいは、ハイカカオ初心者に優しい美味しさを提供してくれますよ。

森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70%の実食レビューはコチラ

 

8位:ダーデン 有機アガベチョコ ダークカカオ70%

フランスのチョコブランド「ダーデン」からのハイカカオチョコです。

カカオの濃度が高いだけでなく、有機カカオと有機アガベを使用しているヘルシーさが特徴。

有機アガベはメキシコ原産の自然甘味料の一種で、後味がさっぱりして軽い甘さがあります。

カカオの風味が濃厚で口どけ感が抜群

甘さは控えめですが、全体的に爽やかな口当たりです。

有機カカオの濃厚さと、さっぱり系の甘さが他のハイカカオチョコと違った「個性的な美味しさ」を提供してくれますよ。

ダーデン 有機アガベチョコ ダークカカオ70%の実食レビューはコチラ

 

スポンサーリンク

まとめ

90%から70%までのハイカカオチョコ実食ランキングでした。

ハイカカオチョコには糖分も少ないので、毎日食べても安心できますね。

カカオのアロマ効果もストレス解消にもってこい。

ぜひとも毎日の一つまみで健康と美容に役立てましょう。


人気【クリスマスケーキ予約2019】おすすめショップ6選

人気ホテルスイーツ&チョコブッフェまとめ【地域別】


スポンサーリンク





-ハイカカオ・低糖チョコ

Copyright© チョコレート実食&紹介ブログ , 2019 All Rights Reserved.